通知を許可すると届くが、拒否すれば届かないので安心。ストーリー詳細も公開

鳩のメタバースアプリ「ハトバース」のアップデートを実施し、8時10分(ハトタイム)になるとプッシュ通知が届くという機能を実装しました。
8時10分になるとハトバース上で何かしら特殊なキャラが出現するというイベントが恒例になってきたため
ハトバースをよく利用する方にとっては便利な機能となっております。
また、新キャラクター「封印の舞を踊る漆黒の稲妻」も今回のバージョンからハトバース内の目立たない位置に登場することになりました。




【アップデート内容】
毎日朝と夜の8時10分(ハトタイム)になるとプッシュ通知が届くようになりました。
・漆黒の稲妻が「青春との決別」という技を使った後の姿で「封印の舞」を踊りはじめました。
・宇宙の帝王第二形態は引き続き8時10分に現れることになりました。

▶ハトバースiPhone用アプリのダウンロード(アップデート)はこちら(AppStore)
https://apps.apple.com/jp/app/id1616802820

▶ハトバースAndroid用アプリのダウンロード(アップデート)はこちら(Google Play)
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.fctry.android.hatoverse

【アップデートストーリー】
前回のあらすじ
ここはハト星

うちゅうのていおうの帝王光線により
ハト星は、破壊されてしまいそうになったが

危機一髪 漆黒の稲妻によって助けられた

しかし
宇宙の帝王は第二形態へと進化してしまった。
どうする ハト

どうする 漆黒の稲妻
↓ここからが本編です

宇宙の帝王「8月も終わりか。じゃあ、行くとするか。」

ハトA「やっぱ今日宇宙の帝王来るのかな」

ハトB「来るだろう」

ハトA「あ、来た」

ハトB「やっぱ来たわぁ」

ハトA「第二形態に進化してるわぁ。やべえなぁ。」

ハトB「漆黒の稲妻さん呼ぼう」
約束の1か月後である8月末に宇宙の帝王は第二形態の姿でハト星を訪れた。
宇宙の帝王

「どうやらあいつら何の準備もできていないようだな。結局漆黒の稲妻頼みか。フッ。しょうもない奴らだ。

この第二形態の前には漆黒の稲妻も手も足も出ないだろう。長年の恨み、今日こそ晴らしてやろう。

カラスもろとも粉々になれ!!」
宇宙の帝王は帝王光線ver2を放った

あたりにすさまじいエネルギーが降り注ぐ。
その時、漆黒の稲妻が現れた。
「かぁ~~。」
漆黒の稲妻「なんでこうなっちまったんだ。。。今回はそう簡単にはいかなそうだな。やはりあの技を使うしかないか。」
カラスは分身の術にて3羽に分身すると共に高速で回転を始めた
~回想シーン~
カラス達との青春やハト志と伝説のリビングを探したころのこともふと思い出す。
そして、究極の変身奥義を取得した直後に恋人に振られたことも思い出すのであった。

彼はその技を「青春との決別」と名付けた。
漆黒の稲妻「カラス達のこと。頼んだぜ」
高速に回転した漆黒の稲妻は紫色のまばゆい光を放ち

恐るべき姿に変身した。

※姿は動画でご確認ください。
漆黒の稲妻「とうとうこの姿になっちゃったよ。」
変身を終えた漆黒の稲妻は帝王光線ver2を軽々とはじき返す。
宇宙の帝王「なんだおまえは!?漆黒の稲妻はどこ行ったんだ、くそ」
漆黒の稲妻「じゃそろそろやっちまいますよ」
漆黒の稲妻は人々を魅了するダンスを踊り始めた
宇宙の帝王「なんでお前踊ってんだよ!ん!?その踊りはまさか。。うぉおおお。」
すさまじい稲妻が宇宙の帝王を襲う。
宇宙の帝王「うぉおおお!!!!やめろおおお!」
稲妻が収まっていく
宇宙の帝王「き、、貴様、何をした。。」
漆黒の稲妻「あんたの技を封じ込めましたよ」
宇宙の帝王「くそ。封印の舞か。。まだそんなものを使える奴がいるとはな。」
宇宙の帝王はその場を立ち去った。

漆黒の稲妻の活躍により

またしても宇宙の帝王からハト星は守られた。
しかし、宇宙の帝王からハト星を守り続けるには、

封印の舞を踊り続けるしかなかった。
ムハトとの約束を果たす為、漆黒の稲妻は踊り続けた。
また、青春との決別という技を使った為

自らも化け物みたいな見た目になってしまった為、

漆黒の稲妻は、人目のつかないところで踊り続けることにしたのであった。
そして夜が明けた。

ハトA「おいみんな無事だったみたいだねぇ」

ハトB「あぁ。漆黒の稲妻さんが追い払ってくれたみたいなんだよ」

ハトA「さすがだね。でもなんか今日8時10分になっても漆黒の稲妻さんいなかったんだよね」

ハトB「うん、私もムハトさんに聞いたんだけど。もう帰ったと言うんで。挨拶したかったんだが。まぁでもムハトさんによると漆黒の稲妻さんがやってくれたとそういってたんで。」

ハトA「そうなんだ。やっぱかっこいいね漆黒の稲妻さんっていうのは。」
いっぽうちょっと外れた草むらにて
ハトCが奇妙な生き物を発見した
ハトC「おい、なんかすごい気持ち悪い奴いるぞ!」

ハトD「ほんとだ、気持ち悪、しかも臭いぞ」
それはハト達の為に踊り続ける漆黒の稲妻の姿であった。
漆黒の稲妻は以前ムハトと話した際に、「青春との決別」を使った後の姿が自分だと思われたくないのでみんなには言わないでおいてくれと約束していたのであった。
その後も、宇宙の帝王は、漆黒の稲妻の様子を見る為にハト星を訪れるのであった。
宇宙の帝王「フッ。まぁそのうち奴も疲れるだろう。」
続く。

【ゲーム概要】
ハトバースは、iOS,Android用のスマートフォン向けアプリです。自らが鳩となり鳩達とのリアルタイムコミュニケーションを楽しむことができます。 
ほとんとプレイヤーがいないにも関わらず世界で同時に30人プレイすることが可能です。
是非みんなとハトになり鳩のコミュニケーションをお楽しみください。

タイトル :ハトバース|鳩のメタバース
プラットフォーム:スマートフォン(iOS)(Android)
ジャンル:鳩シミュレーションゲーム
オリジナルテーマソング:♪ハトバースのテーマ
リリース日 : 2022年4月7日
価格 : 無料
プレイ人数 : 複数
▶ハトバースiPhone用アプリのダウンロードはこちら(AppStore)
https://apps.apple.com/jp/app/id1616802820

▶ハトバースAndroid用アプリのダウンロードはこちら(Google Play)
https://play.google.com/store/apps/details?id=net.fctry.android.hatoverse

公式サイト : https://torigames.fctry.net/hatoverse/
公式Twitter : https://twitter.com/hatojump
公式YouTubeチャンネル: https://www.youtube.com/channel/UCGdmBTUFkcQXlcjc2GseSCg

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。